パートではたらこ。主婦のパートなび

元面接担当によるパートさん応援サイト

仕事探しのアドバイス 年代別 色々な仕事

40代のパート・アルバイト探しは大変?!

2016/11/17

lady

40代を迎えると、パートに採用されにくくなると聞いたことはありませんか?
それは半分ウソで半分は本当です。

ではどういうことか。答えは 職場による です。

身も蓋もない話ですが、本当にそうなのです。

事務職にしても販売職にしても製造業にしても、人事の方針で、年齢よりもキャリアやスキル・人柄を優先する会社もあれば、とにかく若い人を増やして活性化を目指す会社もあり、これは求人情報だけでは図りかねるところです。

なのでわたしとしては、躊躇しているぐらいなら、どんどん採用に向けて行動するべき!と思います。

以下では40代の女性が多く活躍している職場を紹介しています。

40代パート おすすめの職場

大手スーパー

イオンやヨーカドーなどの大手スーパーは狙い目です。
事務職の人をはじめ販売員もほぼ女性で、40代50代、中には60代の方もいます。
規模が大きいところほど常に従業員不足なので、比較的採用されやすい職場と言えます。
従業員に対する教育カリキュラムも充実しているので、ブランクのある人でも安心です。
仕事はレジ業務、商品販売、バックヤードでの商品管理・品出し、事務、などさまざまです。

介護職

今、引く手あまたの介護職。
まだまだ人手不足です。時給が平均1000円以上と高く、未経験歓迎の募集も多い。
働きながら介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)を取得してスキルアップを目指すひとも少なくありません。まごころと協調性、忍耐力などが必要とされる仕事ですが、やりがいはダントツです。
最近では給料や待遇も改善されつつあり、再注目されています。

飲食業

子どもが大きくなったからといっても、夕方までには仕事を切り上げたいですね。
ランチタイムのみなら4時間程度の勤務で体力的にもちょうどいいです。
まかないが安く(無料のところも)食べられたり、お土産をもらえたりと色々メリットがあるそうです。
他にも、飲食業(調理補助)、製造、など20~30代に劣らないほど求人はあります。

ハウスキーパー・家事代行

40代の主婦といえば、家事のベテランです。
その手腕を生かしてできるのが、ハウスキーパー(家事代行)業務。
大手のダスキンもそうですね。
ほとんどの運営会社には、しっかりとしたマニュアルや研修制度があるので、万が一家事が苦手な人でも大丈夫です。
家事全般の他に、ベビーシッターや介護などを請け負う業者もあります。

工場・倉庫系

工場や倉庫内での軽作業です。
難しいことや複雑なことはほとんどなく、比較的手軽にできる作業が主。
短期の募集が多いのも特徴です。
老若男女幅広い層の人材が集まりますが、一般的に従業員どうしの横のつながりは薄いです。

 女性向け商品を販売・製造している会社

職種ではないですが、女性の雇用率が高い職場といえば、女性向けのサービスや商品を扱っている企業です。
従業員は社員、パート、バイト含めて女性が多いのが特徴。
年齢や性別に無駄なこだわりを持たず、できる人はどんどんキャリアアップしていけるやりがいのある職場が多いです。
そういった企業は女性の面接担当者も多いので、同性の心をつかむ対応ができるといいですね。

効率的なパートの探し方

ここまで事務系以外の人気のパートをご紹介してみました。

求人は新聞の折込チラシやフリーペーパー、ハローワークなどで探す人が多いと思いますが、近年ではネットの求人サイトをあたってみるのが一番効率的です。

主婦歓迎のパート求人をチェックする

求人数が多いのに、検索すればお目当ての地域や職種がすぐ絞り込めるので、ムダな情報に振り回されなくてすみます。
応募もweb上でできるので、電話が苦手な人、忙しい人にも向いているでしょう。

求人サイトには実際どんな募集があるのか、一度目を通してみるといいと思います。

ほかにも色々な探し方が考えられます。こちらの記事で紹介していますので、よかったら参考にしてください。
参考主婦のパート求人探し これなら絶対見つかる!理想の職場の探し方

40代主婦 「事務職に就きたい」

一般事務職というと、有名大学出の新卒者でさえ狭き門で、派遣社員の登用率が高いのが現状。
たとえ主婦パートを募集していも、積極的に採用されるのは『パーソナルスキルの高い20代~30代前半の人』が中心という厳しい現実が・・・。

理由は男性社員の率直な意見(こればっかりは.....)と、若い人の方が物を頼むのも教えるのも気兼ねがない、というのが大きいようです。

40代の主婦が採用されるには、それ相応のバックボーンがなければ、かなり厳しいといわなければなりません。

ですが、絶対無理かといえばそうでもなく、基本的なスキル(PC・事務処理能力)があり、社内でトラブルを起こさず、人間関係が円満にやっていけそうな人なら、40代でも採用するケースもあります。

icon-hand-o-right 面接では、ビジネススキルはあって当然という前提で始まります。それ以上に、大人の女性として細やかな気配りやコミュニケーション力をアピールするように心がけてください。
「扱いにくそうな人」という印象を与えてしまうのが一番よくありません。

どうしても事務職に就きたいなら、一度の不採用であきらめず、10社でも20社でもチャレンジしてみてください。それぐらいの覚悟は必要ですよ。
あと狙い目は「急募!」「小さな会社」だそうです(友人談)

ただ事務職経験はまったくありません、というひとにはかなり厳しい就活になるとかと思います。

参考人気の一般事務 資格と経験について

icon-check-square-o オフィスワークの求人情報ならこちら

バイトルホワイト(オフィス系)

40代のパート まとめ

40代といえば、子育ても一段落して自分の時間を有効に使える年代でもあります。
たとえ子どもが病気になっても、仕事を休んでつきっきりにならなきゃいけない事も少ないですし、親が参加しなくてはいけない学校(園)行事もあまりありません。
また、土日祭日も働ける人が多い。
体力的にもまだまだ元気です。

そういうことを踏まえて、40代以上の主婦に注目する企業も実は多いのです。
上のように事務職はなかなか狭き門ですが、それ以外の職種では経験がものをいいます。
特に接客や調理補助は一朝一夕で身につくスキルではありません。経験のある職種での再雇用の可能性はぐっと高まります。

40代だからといって気後れせずに、どんどん行動しましょう!

icon-check-square-o 主婦歓迎の求人情報ならこちら

主婦・主夫歓迎のアルバイト情報が満載<シフトワークス>

-仕事探しのアドバイス, 年代別, 色々な仕事