主婦の家事を給料にするといくらになるの?

 

上記の記事がおもしろかったのでシェアします。

主婦業は大変なのに、当たり前のように無償。

加えて、育児やパート労働が重なるときたら

「こんなに大変なのにタダ働き!こんなの外で働いてる旦那のほうが絶対楽じゃん!」

と叫びたくなるのも分かります。

実際自分も叫んでました(我が夫は家事不参加タイプ)。

じゃあ実際、家事の価値を見える化したらどうなるか、というお話です。

結論から言うとこちら。

月給23万550円、年間276万6600円

結構な金額ですよね!

内訳を説明します。

  • 食事・掃除・洗濯
  • 5時間×30日(1か月で150時間)
  • *時給1537円
参考として「逃げるは恥だが役に立つ」で住み込みの家事代行を頼む際に提示した月給は19万4000円。

正直ここに育児手当がついたら、もっと高額になると思いますよね。

それに家事労働のみならず、家族に対する健康への配慮や生活面でのフォロー、家族関係者への気配りなどなど、主婦は多くの役割を担っています。心労だって大きい。

家事は全然手伝わず、ましてや「主婦は楽でいいな」なんて軽率に口走る旦那様がいたら、ぜひこの金額を提示して差し上げてください。

家事は、労働として価値の高いものだという認識を強めていただきたいものですね。

*時給は、東京都内の代行サービスの1時間当たりの最低相場約2000円と、女性の短時間労働者の平均時給は1074円と足して2で割った数字です。代行サービスはプロのためこの計算に。