パートではたらこ。主婦のパートなび

元面接担当によるパートさん応援サイト

面接本番ノウハウ

パート面接 一般常識・教養はどれぐらい必要?

2016/06/21

本と鉛筆

面接でチェックされる常識と教養は〇〇レベル

面接のとき、会話に出てくる言葉や用語は、基本的に理解している必要があります。
面接官は、その前提で話をしているはずですから。

正社員の面接とは違い、時事問題や経済に関する意見を求められることはほとんどないでしょう。
その反面、最低限の一般常識と教養を持ち合わせているかどうかは、しっかりチェックされるところでもあります。

一般常識と言うと意味が広すぎるし、そもそも常識なんて人それぞれじゃないの?と思われるかもしれませんが、「それは中学生でも知ってることだよ!」というレベルを想定してもらえばいいと思います。
あくまでも最低限として、ですが。

例え話を出すのが難しいのですが、そういえば以前面接を受けに来た人で、こんな会話がありました。

消費税をできるだけ押さえたいので、なるべく安い金額でこまめに買い物をしてます^^

面接担当者一同
「んんんーーー???」

もちろん、その行為に意味がないのはわかりますよね?
彼女は本気で、「物の金額が低ければ消費税も少なくて済むはず!」と思いこんでいたようです。
50円以下の商品なら消費税切り捨てになるので分からなくもないですが、そういう意味じゃないようでした。

お客様と金銭をやり取りするお店での募集でしたので、残念ながらその方の採用は見送りました(他にもちょこちょこ不安な発言もあったので)

上の例も、少し考えれば容易に分かることなのですが、それをせずに思いこみだけで行動してしまう人には、こわくて仕事をおまかせできません。

面接において『天然さん』はご注意!

ひとつ、判断材料として。
よく人から「天然だね~」と言われる人はいませんか?

友人間ではツッコミどころが多くや愛嬌があって人気者だったりしますが、面接においては好意的にとられることは、まぁありません。
できるだけその側面が出ないように気をつけてくださいね。
とはいっても、自分が天然だと把握していないからこその「天然」なのですが…^^;

パート面接 筆記試験は比較的易しい

会社によっては、面接と合わせて「計算」「国語」「一般常識」などの筆記試験を行うこともあります。

レベルは、たとえば小学5~6年生の筆算や漢字問題・4文字熟語など。

パート・アルバイト向けのテストは、普通に生活していて困ることがなければクリアできるレベルがほとんどのようです。
(まれにですが、会社によっては難易度が高いテストを用意していることもあります)

「なんだ、だったら何も怖くないわ♪」
と、思った人もいるでしょう。

ですがいざ試験が始まってみると、書けると思っていた漢字が書けなくてドッと汗を書いたなんて話はよく聞きます。

例:この漢字、書けますか?(以前試験で見かけた問題です)

  • 税金をオサめる
  • 船をソウジュウする
  • カンケツな文章

答えは、「納める・操縦する・簡潔」

当たり前のように読める漢字でも、いざというとき書けない人が増えています。
何が出題されるかは分かりませんが、日常でよく目にする言葉ぐらいは書き取りできるようにしておきたいものですね。

では計算問題について。

普段、計算は計算機でしますよね?
買い物の割引の計算は得意だけど、あらためて算数の問題を出されると「やり方忘れた!」と慌てる人もいます。

計算問題計算の試験では、こんな感じの問題が出ていました。
懐かしいですね!よければ一度試してみてください。

答えは「1,145」「43,351」「3,507」です。

ちなみに、これらの試験の結果が絶望的だった人を、やむを得ず採用したことがあったのですが、やはりというか、実務に大きな影響が出て店が混乱してしまいました。

お客様に間違ったお釣りを渡してしまうことはしょっちゅう、領収書に記載する漢字はまったく書けない、とにかくひとりでレジをさせるのが怖くて、逆に人手不足を悪化させる結果に。
彼女もとてもつらそうでした。

計算が致命的に苦手の人は、レジ作業がないところで働くか、覚悟を決めて勉強することをおすすめします。

「一般常識・教養」というジャンルの面接対策用の書籍も販売されていますので、もし不安があれば参考にしてみてください。
ですが、かなり難易度は高めです。

適性検査

それ以外にも、適性検査というものを用意されていることもあります。
ですがパートの面接で、これを導入している会社は少ないので、簡単に説明します。

この検査は学問ではなく「~の時あなたならどうしますか?」というような問いに対して、3~5つの用意された答えを選択するという形式で、性格や価値観、職務に対する適正を計ります。

これがうまくできていて、耳触りのいい答えを選んで回答しても、総合判断の時点でウソはバレます。

正直に回答してくださいね。
一般常識を持った人なら、問題なくクリアできるはずです。

パート面接 一般常識・教養まとめ

テストと聞くと、身構えてしまう人が多いかもしれませんが、パートの採用時テストはそれほど怖いものではありません。
できるだけ緊張をほぐし、あせらずに対応してくださいね。

一般常識が普通にあり、人柄に魅力のある人(元気・笑顔・親切など)なら、筆記テストでの少々のミスはカバーできるはずです。

-面接本番ノウハウ